【関越道インターリレー企画】大和PAがある南魚沼市編

関越道沿いにある新潟県南魚沼市。お米で有名な地域ですが、それ以外にもたくさんの魅力が詰まった場所です。この記事では南魚沼市の観光情報をご紹介します。

新潟県南魚沼市とは

南魚沼市は新潟県南部にある魚沼盆地に位置する市です。

関越道や上越新幹線などが通る交通の要衝です。交通アクセスが抜群で、人や交通、物流の中継地として発展しています。利便が向上するとともに、スキーなどの観光地として観光産業も盛んになりました。

四季折々の豊かな自然に囲まれ、ウィンタースポーツ、グリーンツーリズム、温泉などさまざまな観光資源がある場所でもあります。

また地域ブランドとして全国的に人気のある南魚沼産のコシヒカリなども有名です。

【南魚沼市の観光地①】雪国まいたけ物産館

雪国まいたけ物産館は、多くの人に雪国まいたけを知ってもらおうというコンセプトのもと作られました。館内では雪国まいたけのバイオセンターの内部を大画面で見学できます。

また直送された雪国きのこのもぎ取り販売なども行われています。さらに雪国まいたけのオリジナルグッズ、地元のお酒や地ビール、魚沼ミネラル栽培米なども販売されています。併設の「レストラン雪国」では、雪国きのこを使用した料理も楽しめます。

【営業情報】
営業時間:9:30~17:00 不定休
利用料:無料
電話番号:025-770-1231
住所:新潟県南魚沼市余川2968-1
アクセス方法:関越自動車道六日町IC出口の信号を左折後50m先右側
https://www.maitake.co.jp/explain/rest1.php

【南魚沼市の観光地②】道の駅南魚沼「雪あかり」

道の駅南魚沼「雪あかり」は南魚沼の「食・歴史・美術・自然」を一度に楽しめるスポットです。主に以下のような施設があります。

  • 農家直売の野菜や、魚沼産コシヒカリなどの特産品を購入できる「四季味わい館」
  • 南魚沼産のコシヒカリと地元食材をいただける「ちゃわんめし たっぽ家」
  • 棟方志功や海外の美術作品に触れられる「アートステーション」
  • 遊具や滑り台、水遊び場などが楽しめる「憩いの広場」
  • 冬には雪遊びができる「スノーキッズパーク」

南魚沼の魅力を一度に体験できる情報ステーションです。

【営業情報】
営業時間:
「四季味わい館」
5月~11月 9:00~18:00
12月~4月 10:00~17:00

「ちゃわんめし たっぽ家」
5月~11月 10:00~18:00
12月~4月 10:00~17:00

「アートステーション」
9:00~17:00(入館16時30分まで)
利用料:一般500円、小中・高校生250円、未就学児と障がい者手帳提示者は無料
電話番号:025-783-4500
住所:南魚沼市下一日市855
アクセス方法:石打駅から車で5分、塩沢石打ICから車で5分

http://www.michinoeki-minamiuonuma.jp/

【南魚沼市の観光地③】アグリコア越後ワイナリー

豪雪地帯ならではの雪室貯蔵で作られたワインが特産のワイナリーです。

新潟県産100%の欧州系のワイン専用葡萄で造られており、地上2階、地下1階分の高さを誇る雪室で熟成されます。併設のレストラン「葡萄の花」では、ブドウ園を眺めながらワインと地元産の食材を使ったメニューを楽しめます。

【営業情報】
営業時間: 9:00~17:00
レストラン 11:00~21:00
利用料:無料
電話番号:025-777-5877
住所:南魚沼市浦佐5531-1
アクセス方法:浦佐駅から車で3分、大和スマートICから3分
https://www.echigowinery.com/

【南魚沼市の観光地④】魚沼の里

魚沼の里は、魚沼の暮らしや雪国の文化を感じられるスポットです。
田園風景が広がるのどかな場所には、カフェ、売店、雑貨店など多種多様な施設が集まっています。そば屋、ビール醸造所、菓子処などもあり、大人か子供まで楽しめます。

【営業情報】
営業時間:10:00~17:00
利用料:施設ごとに異なる
電話番号:025-777-5877
住所:新潟県南魚沼市長森
アクセス方法:関越自動車道六日町ICから車で20分
http://www.uonuma-no-sato.jp/intro

お米以外にも自然やお酒も楽しめる南魚沼市

南魚沼市には豊かな自然とグルメを楽しめるスポットがたくさんあります。ぜひご家族や友人たちと出かけてみてはいかがでしょうか。