【旅行帰りにお土産を買いたい!】関越道SAお土産特集:関東北部編

関越道を利用した旅行の際、新潟から東京へ帰る道中にも、美味しくて渡したくなるお土産が多くあります。そこで、お土産を買い忘れた方や、買ったけどまだ足りていない方に向け、関越道サービスエリアで買えるお土産を紹介します。

【群馬北部の激戦食もつ煮パック】谷川岳PA

関越道を使って旅行する際、ぜひ購入したいお土産といえば谷川岳PA上りの「もつ煮パック」(700円)でしょう。
群馬県北部は、日本一美味しいもつ煮込みといわれる「永井食堂」がある“もつ煮激戦区”として知られており、じっくり煮込んだ国産豚100%の白もつを使ったもつ煮込みが有名です。谷川岳PAでも「もつ煮定食」が食べられるのですが、自宅で手軽に味わえる「もつ煮パック」をお土産として購入してみるのはいかがでしょうか。

群馬県のもつ煮込みは非常によく煮込まれており、野菜やもつが非常にやわらかく、そのまま飲み込めてしまうほどです。
そのため、もつの余分な脂が落ち、旨味が野菜に吸収されて絶品の味わいになっています。こんにゃくの食感もよいアクセントになっており、病みつきになること間違いなしでしょう。
ただし、谷川岳PAのもつ煮パックは20時までしか販売されていませんので、できるだけ早めに行ってゲットしたい商品です。

【豊富な手土産があるSA】赤城高原SA

赤城高原には上りも下りもお土産が豊富なので、目移りしてしまう方も多いと思います。そこでおすすめしたいのが、「赤城いちごクレープロールケーキ」(2,420円)です。 群馬の農園で生産されている「やよいひめ」をふんだんに使用したクリームと、クレープ生地の香ばしさが絶妙なハーモニーを奏でる逸品となっています。

そして、もう一つのおすすめが「赤城牛乳ミルクレープ」(1,870円)です。
生地に赤城牛乳を練り込んで作られたクレープロールケーキで、冷凍の状態で販売されているため解凍して食べる商品になります。しっとりとしたクレープにふわふわのスポンジ。そして、ふんだんに使われた絶品クリームがたまりません。

【休憩したついで買ってみたくなる】上里SA

上里SAで休憩したら一度は買ってみたいお土産が、「ロイヤルのスイートポテト&紅寿」です。
ロイヤルのスイートポテトはもともと福岡が発祥で、福岡空港のCAやパイロットの間で人気を博した名物お土産でした。
ロイヤルのスイートポテトには鹿児島県長島のブランドいもである「長島紅美人」が100%使用されており、非常に甘みがあることが特徴です。
また、生クリームやバター、卵といった主原料にも、国産の食材が使用されています。さらに、保存料や着色料も一切使わず、素材本来の味や風味、色味を大切にしている、こだわりの逸品なのです。

【埼玉が誇るお菓子が満載】三芳PA

旅行帰りの上りで最後にお土産を買い忘れた!という方は、三芳PAで買うことをおすすめします。三芳PAは関越道の中でも最大級の集客力を誇るPAで、デパ地下並みの商品展開が自慢の「Pasar三芳」が有名です。
特におすすめなのが、「くら作り本舗」の「福蔵」というモナカになります。
北海道十勝平野産の小豆をふっくらと炊き込んだ自家製の小倉餡と新潟県蒲原地区産のこがね餅が香ばしいモナカで包まれており、誰に渡しても喜ばれること間違いなしでしょう。

もう一つのおすすめは、「旬線倶楽部」の「いも恋」というお饅頭です。
さつま芋とつぶ餡を餅粉と山芋で作った生地でやさしく包んだ、素朴で懐かしい味わいが特徴のお饅頭で、年配の方へのお土産に最適です。

選びきれない魅惑のラインナップ

今回は、関越道サービスエリアで買える、おすすめのお土産を紹介しました。どのお土産も渡した人に喜ばれること間違いないものばかりです。
もちろん、自分のために購入するというのもアリだと思います。